すぐに切りたい!電話占いはガチャ切りOK?鑑定を早く終わらせる方法

電話占いは、占い師に電話で占ってもらうことになるため、電話を切るタイミングがよくわからないことがあります。

顔の見えない世界ですのでできれば相手に失礼のないようにしておくと、電話を切った後も嫌な気持ちになることがありません。

電話占いでうまく電話を切るためには、どのようなことをしたらよいのでしょうか。

ガチャ切りもOKですが一言添えれば丁寧

電話占いも客商売であり、1分単位で鑑定料がかかる以上、電話を切る権利は利用者側のお客様にあります。

気に入らないことがあって追い詰めるように占い師から何度もかかってくることはマナー違反ですし、基本的にはありません。

電話占い師も電話をガチャ切りされたら一瞬は嫌な思いをしますが、不快なお客様は必ずいますし慣れていることとも言えます。

電話での会話のみの占いになるため、相手がどのように感じているかわかりにくく、相手が嫌な思いをしていても気づかないこともあり、結果的に喧嘩したように終わってしまうこともあります。

少しでも変な気持ちを残したくない場合は、「失礼します」「合わないのでやめさせてもらいます」などを言っておくと、切った理由がわかるため双方が納得しやすくなるとも言えます。

占い師に時間を提案してもらう

電話占いにどれくらい時間がかかるかは、占い師の手中にあるところもあり、占いがきちんと終わるところまでは利用者側は話を聞きたいところです。

そのために最初に概要をざっと話した後どれくらい時間がかかるかを提案してもらうのも、わかりやすい終わり方となります。

時間が来たから終わりにすることができますので、占いの結果も時間内で終わらせてくれるよう占い師側で調整してもらうことができます。占い師も納得している占いの終わり方です。

自分の希望の時間を伝える

電話占いは1分単位でお金がかかるため、利用者側は予算の問題もあり、どれくらい料金がかかるか気になるところです。

予算が限られている場合、それを超えてしまうとお金がなくなってしまうため、最初に希望の時間を伝えておくこともよいです。

利用者側の事情も多少は汲んでくれる電話占い師がほとんどですので、お客様として占いをする以上時間内で占いを終了できるよう工夫をしてくれます。

逆に引き延ばしたり延長しないとわからない占い師は、質が良くない占い師です。双方が終わりの時間を最初から決めて占いが終わる方法となります。

電話占いは1分単位の課金制のことも多く、客商売ですので電話を切ってもさほど問題ないとも言えます。

しかし双方が嫌な思いをしない為には、一言は伝えたほうが後から納得できるようになります。

他には希望の時間を自分から伝える、占い師から提案してもらうという方法にして、あらかじめ時間を決めておくと、時間が来たのでと言ってスムーズに電話を切ることができます。